薬の副作用

今日はあまり、頭痛薬を服用する事に抵抗がない方への頭痛薬の副作用についてご説明します。

 

皆さん、何かしら日頃から薬を飲んだりされていませんか?

私も以前頭痛があり頭薬を服用していましたが、最近は全く薬に頼ることなく日常生活が過ごせています。持病や長年の病気、そしてなかなか治らない頭痛など、薬を手放せない方も多いと思います。

 

薬というのは、時にはとても便利な物ですが、飲み方を誤ると、偏頭痛や吐き気、めまいが悪化してしまう恐れがあります。今日はその中でも頭痛を悪化、もしくは起こりやすくなるもにについてです。参考までに読んでいただければと思います。

 

なぜ副作用が起こるかというと、腎臓で薬の一部は濾過されて排出されて行くわけです。その腎臓の機能が弱ったりしていると、副作用は起こりやすくなります。(頭痛薬を飲むことで胃や腸に負担が起こり胃薬も一緒に服用している方も多いのではないでしょうか)

年齢70歳以上になると30歳と比べると機能は半分にまで低下して行くと言われています。

 

まず高血圧の薬である降圧剤。これは副作用として強い頭痛を伴うことがあります。

特に市販薬では起こりやすいとされているので、薬剤師、もしくは病院の処方箋で血圧を下げる薬をもらうことはおススメします。

 

もう1つ気を付けなければならない薬があります。

偏頭痛や高血圧症や不眠症などで薬を定期的に飲んでいる方が、水虫の薬を飲む(種類によります)と、血液中の薬の濃度が著しく上がります。それにより血圧が過度に下がったり、偏頭痛を悪化させてしまうこともあります。

 

このように薬はつらい時にはとても便利ですが、飲み合わせや副作用で症状を悪化させることも理解しておくことが大切です。

そこで副作用を防ぐ体をつくっていくには、体内の水分量をどれだけ多く保っていられるかが重要になります。

それが年齢とともに減少してくると、腎臓や肝臓の機能が低下してきて副作用を起こしやすくします。

また水分量が減ると、体に占める脂肪の割合が増えます。薬は脂肪に溶け込むものも多いため、体内から排出されにくくなってしまいます。

 

そこで体の水分量に意識しつつ、タンパク質を適量とって体を動かし適度な筋肉量を保ち、脂肪を溜めこまない体作りをして健康を維持していく事が大切です。

 

それでも偏頭痛の悪化が一向によくならない場合は、新潟頭痛専門こはく整体院の頭痛セラピーを1度試してみてください。