頭痛と遺伝

今回は当院の患者さまとの会話でよく耳にするのが、「私の親も頭痛持ちで…」と言うお話を元に書かせていただきます。

親の影響=遺伝によって「偏頭痛」は起こると言われることもありますが、それは本当なのか?を説明いたします。

 

結論から申し上げると偏頭痛の遺伝はあります。また、幼少期から親が頭痛で悩んでいる光景を見ている事で自身も頭痛持ちだと錯覚する事も要因の1つです。

 

遺伝の確率はどれぐらいであるのかというと。

 

お母さんが偏頭痛だと、娘さんの70%。息子さんの30%に偏頭痛が遺伝すると言われています。非常に高い出現率です。

 

また普段の偏頭痛の出方にも遺伝は左右されますが、前兆がないタイプよりも前兆のある偏頭痛の方が圧倒的に遺伝性要因が強いです。

 

お父さんが偏頭痛だと、娘さん息子さんに約50%の確率で偏頭痛が出現すると言われています。

また隔世遺伝(かくせいいでん)のように遺伝することもあります。ご両親は偏頭痛がないのに祖父母が偏頭痛もちだった場合です。

 

遺伝の仕方も1つの遺伝子が要因で起こすわけではなく、いろいろな遺伝子が次世代にまで継がれて遺伝をしていくのがこの偏頭痛の仕組みです。

 

その方法はアルツハイマー病やパーキソン病のような神経変性疾患と同じ遺伝です。

一般的には生活環境によって症状というのは発症するわけですが、この遺伝のタイプの場合は、不摂生していても症状は出ないけど、きちんと生活していても偏頭痛が発症してしまうタイプなのです。

 

だからこそ、なかなか原因や治し方を明確にすることが難しい訳です。

 

ただ当院であれば、偏頭痛を治す事が出来ます。もし何をしても治らないようなツラい偏頭痛が続いている場合は、新潟頭痛専門こはく整体院までお越しください。