アレルギー性鼻炎と頭痛

11月に入りより一層寒さを感じる毎日が続いています。

 

これだけ寒暖差が出てくると鼻詰まりの症状も起こります、貴方は大丈夫ですか?

 

意外と知られてませんが、この鼻詰まりの影響で頭痛になりやすいのが副鼻腔炎です。

 

耳鼻科病気ではよく聞く病名ですが、鼻骨も頭部の1部です。どのような症状かをご説明させていただきます。

 

副鼻腔炎とは鼻や副鼻腔の中の粘膜が腫れた状態を言い代表的は症状としては頭痛・鼻詰まり・鼻水・匂いがわからないと言うことがあります。

また炎症が続くと鼻の中にポリープというできものができることがあり、それが鼻詰まりや匂いがわからない原因になることもあります。

 

副鼻腔炎は、なぜ起こるのでしょう

風邪のウイルスや細菌、アレルギーなどにより、副鼻腔の粘膜に炎症が起こることで発症します。

風邪(細菌やウイルス)やアレルギーがきっかけで鼻の中で炎症が起こると、鼻の粘膜が腫れたり、粘り気のある鼻水が出てきます。この腫れや鼻水によって、副鼻腔や鼻の間の自然口が塞がると、副鼻腔から分泌物や異物を排泄できなくなり、鼻水や膿が溜まってしまいます。

こうして起きるのが副鼻腔炎です。

 

またこの副鼻腔炎には2種類あり、

症状が1か月以内の場合は急性副鼻腔炎、3か月以上続く場合は慢性副鼻腔炎。慢性の場合は蓄膿症と呼ばれることもあります。

 

頭痛に陥りやすいのは慢性副鼻腔炎と蓄膿症です。

 

ちなみにそもそも副鼻腔というのは鼻の中にある空洞ですが、左右にそれぞれ4対。計8個あり、前頭洞・篩骨洞・上顎洞・蝶形骨洞と呼ばれています。自然口と呼ばれる通り道で鼻の中と繋がっており、副鼻腔から出る分泌物や異物は、自然口を通じて副鼻腔の外へ出ていきます。

 

この副鼻腔の働きは実は、はっきりとはわかっていません。

ただ頭の重さを軽くしたり、顔面を保護するなどの役割があると考えられています。

 

以上が副鼻腔炎、もしくは蓄膿症の症状です。

 

当院の患者さんの中でも副鼻腔炎で頭痛を患っている患者さんは非常に多いです。

そしてこの副鼻腔炎で起きている頭痛は当院で治療を行うことが可能です。

 

辛い思いをされている方は新潟頭痛専門こはく整体院へお越しください。