頭痛薬と漢方薬

頭痛や体調不良の時に飲むのが頭痛薬やサプリ、漢方ですよね。

 

その中でも漢方というのは、自然の生薬が原料となっているため、薬と比較すると副作用は少ないです。一方で体質や体に合わない調合をした場合の漢方は帰って症状を悪化させることもあります。

 

 

 

また漢方は飲んでもすぐには効果が出にくいのですが、どれぐらい飲み続けると効き目が出やすくなるのでしょうか。

 

 

 

この答えは3ヶ月〜半年間は飲むことが大切になります。

 

仮に短期間の服用で症状が回復して、すぐに飲むのをやめてしまうと、元の症状に戻ってしまうことも多くあります。

 

3ヶ月〜半年間継続することで、体質が改善し症状が安定します。

 

また漢方は一人一人の身体に合わせて処方します。生活リズムや季節の変わり目には処方を見直すことも大切です。

 

 

 

以上のように漢方は薬と比較すると副作用が少ないというメリットがありますが、一方でデメリットもあることを把握しておくことが大切です。

 

 

 

頭痛を薬や漢方でコントロールしようと思うなら、まずは新潟頭痛専門こはく整体院で一度治療を受けてみてください。

 

必ず頭痛で悩んでいるあなたのお力になれます。