自律神経とは

職場や人間関係の悩みなどの精神的なストレスや、過労や、更には音や明かり、においなどの身体的なストレスは自律神経の乱れにつながり、身体の器官にさまざまな影響を及ぼします。

自律神経失調症はそういった自律神経の乱れが引き起こすします。

自律神経失調症は、自律神経がバランスが崩れてしまう状態のことを指します。

自律神経とは、人が生きていくために無意識のうちに心身の調節を行う神経のことをいいます。
人は手や足や動かす時に、意識をして動かしていますが、心臓は動かそうと意識をしているわけではないのに無意識に動いています。

これは、自律神経が心臓を動かしているということです。

同じように、食べ物を食べれば自然と胃や腸が消化をしてくれますし、呼吸も自動的に行われています。

また、体温に合わせて汗をかき、運動すれば心拍数が上がります。
このような働きはすべて自律神経が自動的に調整をしているということなのです

自律神経には交感神経と副交感神経の2種類があります。

交感神経とは、心身の活動を活発にする神経のことをいいます。
激しい運動をした時や、恐怖や危険を感じている時、興奮状態または緊張状態の時などに活発に働きます。

副交感神経とは、交感神経とは逆に心身を休めてリラックスさせる働きを担う神経となります。
交感神経ががんばるための神経なのに対して、副交感神経は休息時や睡眠時など心身を休ませて回復させるときなどに働きます

この2種類の自律神経がそれぞれうまくバランスを取りながら働いているのですが、ストレスなどにより両者のバランスが崩れてしまい、心身にさまざまな症状が現れてしまうのが自律神経失調症です。

自律神経と頭痛でお悩みの方は新潟頭痛専門こはく整体院へお越しください。ストレスを感じない日常生活をお約束します。