珈琲依存症

朝晩が冷えてきて温かいコーヒーが美味しく感じる季節になってきましたね。

ただ「コーヒー」…それは多くの人にとって毎日の楽しみであり、目覚めを良くする朝の必需品であり、時に、安心感さえ与えてくれる存在ですよね。

 ただそれは精神的メリットばかり与えてくれるものでもないのです。

毎日コーヒーを飲んでいる人が「カフェイン中毒なんじゃないの?」と、指摘されたり、自分が言われているな…と、身に覚えのある方はそう少なくないと思います。「カフェイン中毒」ですが、時に治療が必要なほど、深刻な健康問題へと害を及ぼす可能性もあるようです。

頭痛のときには適量を飲むと頭痛を緩和させる効果もあります。ただ逆に飲み過ぎてしまうと症状を悪化させてしまうことも多くあります。

 そんな二面性のあるコーヒーに、これからご紹介する5つの点をぜひ、確認してみてください。「コーヒーに依存しているかどうか?」これらのリストから、体が発信している“シグナル”を見つけてみてください。

1。筋肉の痙攣

 

 コーヒー中毒の典型的な兆候の1つです。コーヒー(カフェイン)を摂取しないと、大きな筋肉のけいれん、制御不能な緊張が始まる方はその可能性が大きいです。

 ストレス、不安、疲労など、他の要因に該当するケースも多く、実際には「これがカフェイン不足によるもの」と判断することは、非常に難しいです。ただコーヒーを全く摂取していないときに起こった場合、その要因はそれである可能性は高いです。

2。発作的な吐き気

 これは、繰り返し引き起こす可能性のある症状です。多くの中毒症状は、肉体的に弱ったり、疲労感や、頭痛時のような気怠い感覚が伴い、吐き気を催す傾向があります。

3。頭痛

 頭痛は、中毒症状の典型的な症状のひとつです。

 しかし、コーヒー(カフェイン)中毒かどうか判断する場合に限り、頭痛の原因すべてがこれらに当てはまるとは限りません。頭痛は医学の謎のひとつであり、無数の原因の可能性もあるからです。

4。気分のムラ

 頭痛とは対照的に、気分のムラは、中毒症状が進行している大きな指標になり得ます。喫煙者がタバコなしで長期間過ごした場合、緊張状態に陥ったり、神経質になったりする傾向にあります。これは、コーヒー(カフェイン)にも同じことが当てはまります。
 カフェインに依存している場合も、それを摂取せずに長期間過ごした場合、気分の変化が起きる可能性が高いのです。

5。消化不良・睡眠不足

 この事態は、正常に機能しなくなる生物学的サイクルによるものです。カフェインがないとひどく眠くなり、食欲が減退されたり、代謝の変化(ほとんどの場合、遅くなるという意味で)が起こる方もいます。

以上のように頭痛や眠気を緩和するためにコーヒーを摂取する方が多くいますが、飲み過ぎてしまうと逆の悪い効果も生まれてしまうのを理解して摂取するようにしてくださいね。

コーヒーを一定量飲んでも体調が変わらない場合は、新潟頭痛専門こはく整体院までお越しください。

頭痛薬やコーヒーに頼らない、頭痛の治し方がわかります。