マッサージすると頭痛がひどくなる?

今日は頭痛とマッサージの話をしますね。よく患者さんから、「頭痛の時ってマッサージするのよくないって聞きますけど本当ですか?』という質問を受けます。答えは、NO!です。首まわりや、肩こりの肩甲骨まわりの筋肉をほぐしてあげることはとてもいいことです。首、肩の血行が良くなり、頭痛が楽になることでしょう。

 

 

 

頭痛自体、頭部に行く血行不良の問題が原因で起こるため、患者さん自身 「首の根っこ」につまりを感じてる人が多いことでしょう。ほとんどの人が辛くなると指で首の風池のツボのところに手が入ったりしています。「あ〜〜痛気持ちいい!」と思える部分が流れが詰まってる部分なので、気持ちいいぐらいの力で押してあげるといいです。

 

 

 

ただし、注意点があります。それは、 偏頭痛の方は、首の骨がズレている方が多い のでマッサージで血行を良くするとまるで、蛇口が閉まってたところを開けるので一気に血液が頭部に流れてズキンズキンと痛みが拍動とともに出ることがあります。そのことを巷では、「頭痛の人はマッサージは良くない」という通念になってるのだと思います。

 

 

 

偏頭痛は、首の骨のズレが原因と言いましたが、 まさに水道の蛇口が閉まった状態なのでいつも首が張っています。そして、頭部への血行が悪いです。常日頃は、血行不良で頭部の酸欠から頭痛が起こりますが、蛇口を開くと一気に偏頭痛が発生するのです。これは、休日にホッと一息つくと急に頭痛になることを思い出してください。あの状況です。いずれにせよ頭痛の人は、首の付け根が詰まってるので蛇口である「頚椎(けいつい)」のズレを治し、頭部への血行を改善する必要があります。

 

 

 

頚椎のズレを治し、 常に頭に行く血行をキープできるようになれば、マッサージしても楽になるだけで痛みが出たりすることはありません。首の上部は自律神経も走っていてとても繊細で大事な部位なので、プロの手で施術してもらうことをお勧めします。町のマッサージ店では、首の施術は危険とされているのでほとんどやってくれるところはありません。

 

 

 

頭痛患者さんは、10年も20年もこの首のつまりを抱えてることがとてもかわいそうでなりません。ほんの少し、首の付け根の流れを改善すれば、今までの頭痛がウソのように楽になります。もし、あなたが首の付け根に水道の蛇口が閉まってるような、頭を取り替えたいような違和感を感じてるなら一度、新潟頭痛専門こはく整体院までご連絡ください