マーガリンが頭痛を引き起こす?

 マーガリンには、頭痛を引き起こす脂肪「トランス脂肪酸」が含まれています。

 

「トランス脂肪酸」は、頭痛だけでなく、さまざまな病気、体調不良を引き起こす最悪の脂肪です。

 

「トランス脂肪酸」とは、天然の植物油ではなく、人工的に造られ危険な添加物です。形が不自然で、「食べられる形をしたプラスチック」とも言われています。

 

活性酸素を大量に作り、消化されることなく、臓器に大変な負担をかけます。

 

トランス脂肪酸はマーガリンだけでなく、食品添加物として様々な食品に混入されています。

お菓子類やレトルト食品、揚げ物などに使われています。

 

「ショートニング」「加工油脂」「ファットスプレッド」と表記されています。

 

食品を購入するとき、パッケージの裏の原材料をチェックしてみてください。

 

食べるものにも気を付けていただき、新潟頭痛専門こはく整体院で、頭痛の原因であるつまりを抜きましょう!!頭痛を治す近道です!