自律神経と頭痛の関係

近年、日常の仕事などの過度のストレスから、自律神経失調症と呼ばれる症状で原因がわからない「頭痛」「倦怠感」「不眠症」などに悩む方が急増しています。


ここ最近では、頭痛薬が薬市場で売れ行き好調なようで「ロキソニン」「イヴ」「ナロンエース」などのコマーシャルの多さに、本当に悲しい気持ちでいっぱいになります。
さらには、自律神経に作用する薬のコマーシャルまでやり始め、皆さんには薬で惑わされて痛みを強制的に隠して重症化してしまわないよう願うばかりです。

 

そこで、当院の頭痛治療の際に施術する首回りが登場です。
皆さんの首には自律神経の中でも「副交感神経」が通っています。本来はこの神経が、自然に体がリラックス状態になるよう働きかけて緊張から解き放って体を回復させる役割を果たしています。

 

この首の部分がコリ固まって流れが悪くなると、副交感神経が働けなくなります。すると、交感神経が常に働きっぱなしになり、体は24時間戦闘モード。これでは体も心も休めず疲れていき色々な原因不明の不調が現れてくるのです。
ここまでコリ固まった状態では気分も落ち込みウツのような表情になって悪循環の始まりです。解決法がわからずにこの状態を耐えるしかないことが非常に危険であり、早急に当院のようなしっかり理解のある整体などに行くことしか改善の道は残っていません。

 

当院では首のラインを施術することで、実際に患者さんから「気持ちが上向きになった」「視界がはっきり明るく見えるようになった」「首全体が動きこんなに楽になる施術を受けたのは初めてだ」など喜んでいただいております。

 

あなたも首のラインのある部分を整えてあげると、頭痛薬でも治らなかった痛みやなぜか落ち込んだ気持ちを解決することができます。
社会問題にもなって来ている首の問題は、しっかり向き合える当院で早期改善することが重要です。
病院に行くのもあなたの自由ですが、しっかり治したいあなただけには今すぐ来て欲しいです。
痛みや不安のない明るい明日を一緒に作っていきましょう!

新潟市にある頭痛専門こはく整体院へお越しください