浮き指と頭痛

今日は「浮き指」と頭痛の関係についてです。

足の指が地面にキチンと着いていない「浮き指」という症状をご存知でしょうか。普段はあまり注目されないパーツですが、足の指に異変があると人体に様々な影響が現れてしまいます。

 

 

 

腰痛やひざの痛みを引き起こす「浮き指」

 

足の指が1本以上浮いている人は男性の6割、女性の8割にも上ります。さらに、足の指が正常な人と比べて浮き指の人は体に不調が起こりやすいという調査結果を公表しています。

 

足の指に体重が上手く乗っていないと重心が後ろ側に移動するため、人体はバランスを保とうとして上半身を前に傾けがち。すると猫背のような姿勢になり、頭の重さを支えるために首から腰にかけての筋肉に余計な負担がかかります。結果として頭痛や肩こりの原因となってしまいます。

 

 

 

「浮き指」になる原因の1つと考えられているのが「靴のサイズ」。大きい靴を履くと脱げないように指を反らすため、浮き指が起こりやすい状態になります。そのため靴のサイズは、踵とつま先のスペースを合わせて11.5cmの余裕がある大きさを選ぶのがベター。紐靴の場合は、毎回紐をしっかりと結んでおきましょう。

 

屋内で靴を脱ぐ習慣があるためか、「日本人は着脱しやすい大き目な靴を選ぶ人が多い」とも言われています。心当たりのある人は、一度自分の靴をチェックした方が良いかもしれません。

 

 

 

というように「浮き指」からでも頭痛が起きてしまいます。

 

浮き指をはじめとした、つらい頭痛で我慢できない方は新潟頭痛専門こはく整体院へお越しください。