4月は緊張シーズン

新生活も3週間目に突入!

 

少しずつ慣れてきた方。まだまだこれからという方。様々だと思います。

 

 

 

きっと肩や背中がバリバリに張っている方は非常に多いと思います。

 

当院に来られている頭痛患者さんもとても多いです。

 

 

 

肩はなんとなく力が入っているから張るのはわかりますが、なぜ背中が張るのでしょうか。

 

 

 

その症例というのは、「背中の張り」です。背中の張りというのはどうして起こるのか?

 

 

 

これは自律神経の乱れが大きく関連しています。

 

まず自律神経というのは脳からの情報連絡経路で体全体に伝える役割なので、頭と首の付け根から腰の一番下までつながっています。

 

また、交感神経と副交感神経からなり、交感神経は「身体が活動的になるのに適した状態にする」神経系で、緊張したり興奮したりしたときに優位になります。

 

副交感神経は「身体を次の活動に備えさせる」神経系で、リラックスしたときに優位になります。

 

 

 

このうち、交感神経系は首から胸にかけて交感神経の中継点が存在すため、首や背中のコリが自律神経に及ぼす影響が大きくあるわけです。

 

 

 

特にこの4月は、毎日が緊張の連続という方が非常に多いです。

 

実際当院の患者さんでも新しい生活がスタート以降、頭痛と背中の張りに悩まされて来院されている方が多くいらっしゃいます。

 

 

 

くれぐれも無理はせず、少しでも自分のペースを作っていくことが大切です。

 

 

 

少しでも早く治したい。こんなツライ状態は嫌だ。

 

という方は新潟頭痛専門こはく整体院までお越しください。

 

 

 

原因を突き止め、最速で治します。